根管治療の成功率は?

一回神経を抜いたらもう安全?

一回神経を抜いたらもう安全?

一回神経を抜いたらもう安全?

image001
根管(こんかん)治療とは、いわゆる「歯の根」の治療のこと。歯の根の中にある歯の神経や血管が入っている「根管」という管が通ってるのですが、虫歯菌が根管内に入り込み、そのため歯の神経を取ったり、根管内をきれいにするため根管治療を行っていくのです。

しかしこの根管治療について、多くの歯科医師は「根管治療は歯科治療で一番難しい部類の治療」であると考えています。

根管はとても細く複雑なつくりになっているため肉眼では細かいところまで見ることができず、中の細菌を取り除くことが非常に難しく、再発のリスクがどうしても存在してしますのです。

根管治療の成功率について

根管治療の成功率について

根管治療の成功率について

「いったいどうすれば再発しない根管治療が出来るか?」
日本中の歯科医師がこの課題に頭を悩ませ真剣に取り組んで日々診療を行っていますが、通常の治療で成功率を高めることは至難の技です。
下の表をご覧ください。

根管治療の精度 補綴処理の精度 成功率
パターン① ○精密な治療 ○自費の補綴物 91.4%
パターン② △精密ではない治療 ○自費の補綴物 67.6%
パターン③ ○精密な治療 ×保険の補綴物 44.1%
パターン④ ×精度の悪い治療 ×保険の補綴物 18.1%

これはアメリカの大学の研究結果をまとめたものです。

精密な根管治療を行い、自費の補綴治療(詰め物・被せ物の治療)を行った場合の成功率は91%とまずまず高いですが、多くの歯科医院が保険の範囲内で行う根管治療を行い、自費の補綴治療を行った際には67%と大幅に下がります。

さらに根管治療も精度の悪く、補綴物も保険の治療であれば、80%以上の確立で再発するというデータが出ているのです。

まとめると、最も成功率が高く再発しづらい治療は、精密な根管治療を行い、自費の補綴物を用いた治療をすることです。これは、根管内の感染物の取り残しのリスクと、治療後の細菌の進入を最も防ぐことができるからです。一方、最も再治療の可能性が高いのは、精度の悪い根管治療を行い、保険の補綴物を用いた治療をすることです。つまり、精度の低い治療では細菌が侵入しやすく、再発のリスクが非常に高くなることを意味しています。

精密な治療とそうでない治療の違い

精密な治療とそうでない治療の違い

精密な治療とそうでない治療の違い

seikouritsu02
では、精密な根管治療とそうでない根管治療の違いはどこにあるのでしょうか?
私は一番の違いは歯科医師がどこまで時間を注ぎ込めるかだと考えています。
もちろん技術や設備、治療に用いる薬剤など違いを生むための条件はいくつもあります。

その中でも一番に“時間”を挙げるのはなぜか。それは日本の歯科の保険制度が大きく関わってきます。日本の保険制度上、一回の治療内容ごとに○○点と加算できる点数が決められています。保険が適用されることで患者様にとっては1割負担~3割負担と安価に治療を受けられますが、根管治療で加算される保険点数は治療の内容に反して非常に低く設定されており、保険適用だと根管治療に時間をかけ丁寧に治療すればするほど赤字になってしまうという現状があるのです。

例えばラバーダムと呼ばれる、唾液中の雑菌を遮断する防湿防菌シートを用いた際の根管治療の成功率が約90%であるのに対し、ラバーダムを使わない時の成功率は約50%以下といわれ、成功率に大きな差が生じます。ただほとんどの歯科医院でラバーダムを用いた根管治療を行うことはありません。

ほとんどの歯科医院でラバーダムを使っていない理由……もちろん上記のように、根管治療の保険点数が低く、ラバーダムを用いた際の治療時間がその分重荷になるということもありますが、特にラバーダムの保険点数が0点に改正されたことも大きな要因でしょう。

患者様のためを想った治療が点数として認められない・・・・
日本の多くの歯科医師がこの保険制度現状に対して、想うことがあるでしょう。

だからこそ当院は、保険で認められなくとも患者様のために出来る限りの設備、技術、薬剤を整え、そして時間を注ぎ込むことで、大切な一本の歯を守りきる精密根管治療を行うと決めたのです。

ただ当院では自費の根管治療だけではなく、保険の根管治療も行っています。被せ物を選ぶ際にはいつも患者様に保険か自費かをご自身で選んでいただきます。根管治療においてもそれは同様です。もちろん患者様に無理に選択を押し付けることはいたしません。

ただ少しだけ考えていただきたいのです。
せっかく治療した歯が再発するリスクを。
せっかく残そうと思っていた歯が抜歯になる可能性があることを。

あくまで自費の根管治療はひとつの選択肢です。保険の根管治療だからといって、いい加減な治療はいたしません。ただ、保険の根管治療には限界があるということをご理解いただいて、ご自身の歯を残すことに対して少しでも価値観を持っていただければ幸いです。

当院の精密根管治療について詳しくはこちら